滋養強壮、精力が増強する食べ物と食べ方とは?


以前、男性ホルモンに効く成分についてアップしましたが今回は「精力が回復する食べ物」、「精力が回復する食べ方」についてアップします。

精力の付く食べ物と言えば「ニンニク」や「ニラ」、「ウナギ」、「納豆」や「山芋」などのネバネバ系などを真っ先に思い浮かべると思います。他にも「玉ねぎ」、「人参」も男性ホルモンのテストステロンを増加させる作用があります。

余談になりますがニンニクとエクストラバージンオイルを使った高タンパクな食事はテストステロンを増加させるそうです。イタリア人など地中海付近の男性が元気なのはこの男性ホルモンのおかげかも知れませんね。

今回は上記以外の食べ物と食べ方を紹介します。また、紹介した方法は全て出来なくても少しでも取り入れると効果が出てきますので試してみてください。

食べ方をひとつで精力増強の効果が違います

  • 甘いものは食前に
  • 夕方の空腹時に完熟の果物を食べる
  • 空腹時に温かい牛乳を飲む
  • 食後や間食にナッツを食べる

甘いものは食前に

甘いものと言えばダイエットの敵と考えられやすいですが、適度に摂取する甘いものは精力アップにも良い効果が期待できます。特にきび砂糖、てんさい糖、黒砂糖などの未精製の砂糖は精力がつきます。

また、食べるタイミングですが血糖値が上がりやすい甘いものは一般的には食後が良いと言われますが、精力を付けるには消化力の高い食前の方が良いです。あわせて食前に甘いものを取ると満腹になりやすく食事も抑える事が出来ます。

ただし、甘いものは全般的に消化しにくいものが多く、食べ過ぎは肥満の原因や健康管理の上で十分注意しましょう。

夕方の空腹時に完熟の果物を食べる

完熟した果物も精力が付くおすすめの食べ物です。とくにバナナ、ブドウ、マンゴー、ライチ、イチジク、ザクロ、リンゴは精の付く果物です。もちろん果汁100%のジュース(濃縮還元ではないもの)も効果的でおすすめです。

食べ方は他の食べ物と一緒では無く果物だけをいただく事をおすすめします。食べる時間は消化力が低い朝より消化力が強い夕方、食事の1時間前くらいがおすすめの時間です。
果物は消化が早いので食後のデザートとして食べると、他の食べ物との消化がぶつかり身体の負担になります。
また、身体を冷やすことはあまり良くありませんので、出来れば冷蔵庫で冷やし過ぎないようにしましょう。

空腹時に温かい牛乳を飲む

牛乳は完全食で栄養も豊富な事は誰もが知るところです。精力増強だけではなく体の組織も強くしてくれる素晴らしい食品です。

精力を付けるために出来れば飲み方も気を付けたいところです。他の食べ物と一緒に飲むと消化の負担が増えるので空腹時に温めた牛乳を単独で飲むことをおすすめします。飲み方を変える事で更に精力増強効果がアップします。

食後や間食にナッツを食べる

ナッツ類はビタミンEが豊富に含まれていてアンチエイジング効果や精力増強効果がある事を一般的にも広く知られています。中でもアーモンド、クルミ、ピスタチオの効果が優れています。特に男性の精力アップには栄養面も優れている「ピスタチオ」が良いと言われています。
ただしナッツ類は油分も多く、消化しにくいため食べ過ぎには注意しましょう。